悪羅悪羅系Tシャツ通販サイト|大人気&激レア必須アイテムはこちら

圧倒的にブラック地が多いです。ロンtと比較すると、長袖、半袖と幅広く揃っています。「SLANGY(スランジー)」のTシャツは、ブラック地の背中いっぱいにアクリルプリントされた、ホワイトのプレイハンドが印象的。迫力あるものとしては、背中から飛び出してきそうな不動明王というパターンが。※ホワイトにレッド、ブラックのパターンもあり。

 

「BURST JAPAN(バーストジャパン)」のTシャツも、ブラック地の背中にプレイハンドをシルバーのアクリルプリントでアピール、さらに胸にもプリントしています。※ブラック×シルバー、ブラック×ゴールドあり。また、ブラック地にホワイトのスカルマリア(祈りを捧げるマリア像の顔がスカルになっている)のアクリルプリントも。「拳BRAND」のTシャツ「八壱式シリーズ」は、「拳」のブランドロゴと双虎(2頭のトラが向き合っている)プリントの勇ましいイメージ。ホワイト地にはレッドかブラック、ブラック地にはレッドかホワイトで、トラがプリントされています。同シリーズには、鳳凰のプリントパターンもありました。カラーは上記同様。

 

「DIVINER(ディヴァイナー)」のTシャツは、ブラック地にホワイトかゴールドで、こちらも背中いっぱいの広がる大きな蜘蛛の巣に2つのスカル、クロスモチーフ、マリファナ、燃え上がる炎といったモチーフがアクリルプリントされています。※ホワイト×ブラックもあり。「OROCHI(オロチ)」のTシャツは、フロントにラインストーンでOROCHIのブランドロゴ、バックにはラメプリントでself‐satisfactionの文字が。ブラック×ゴールド、ブラック×シルバーの2色展開。「THIRD ON LOW(サードオンロー」)は、Tシャツ全体に広がるモノトーンのゼブラパターンが印象的。

 

デザインとしては、全体的に、フロントはおとなしめに、反対に背中に大きく悪羅悪羅らしさをアピールするものがほとんどです。例外もあります。ブラック地にゴールドのチェーンとアラベスクが絡み合うVネックTシャツは、「DRESSCAMP (ドレスキャンプ)」から。艶やかさの中から悪羅悪羅風の怖さが伝わってくるような。…

 


このページの先頭へ戻る